Blog

痛みはチャンス

こんばんはーYogafulのAKIKOです。

実は先日までまともに動けない身体でした。

ある日突然腰に激痛。

釘をゴンッゴンッ!と刺されているような体験したことのない痛み。

どんな体勢をとっても呼吸をするだけでも痛いのです。

1日寝れば治るだろうと、とりあえず我慢。ところが、まず、痛みで眠れない。

寝不足で迎えた二日目の朝。痛みが増強。もう嫌だ。息したくない(笑)

ゴッドハンドの大ちゃん先生にみてもらいに蒲郡へ。不規則にくる痛みに身体を痙攣させながらなんとか事故らないようにと、更に身体を緊張させて。。。背中の緊張が尋常じゃないとのことで、とにかく温かく。(大ちゃん先生お休みの中、ありがとうございました(T T)今はすっかり元気です♡)

局所的な痛みが少し広い範囲になって、なんとなく和らいだ。でも、呼吸が浅いからか頭がぼーっとして、でも体は緊張していて、最悪な気分。

翌日には浜松に日帰りの予定と、3日後には岡崎マラソンが控えていて、焦ってた。

ふと、こんな時こそヨガの考えが役に立つと思い、先の事ではなく、今起こっていることに集中してみた。

そしたら、痛みは腰じゃないことに気付いたのです。背中側の肋骨のすぐ下。その痛みはもっと上の肩甲骨の方へと続いていた。

ここ最近の連日のデスクワークで一番初めに違和感が出たのは痛みを発している側の肩周りだったなー。って、全部繋がる。

ためしに肩甲骨周りの筋肉が伸びるチャイルドポーズや、

肩甲骨同士を引き離すガルーダのポーズをやってみる。

あ。呼吸しても痛くない。

おもしろくなってどんどん観察。

息を吐く時に痛みが出る。息をゆっくり吐ききれない。そうするとどれだけ吸えても苦しい。気持ち悪い。出すことの大切さに改めて気づいたり。

痛みからの学び。

もっと一瞬一瞬、こうやって身体の感覚を味わおうとすることの大切さ。そして、腰痛持ちの方の辛さを知った。

 

結局浜松の予定もキャンセルして、岡崎マラソンも棄権。残念ではあったけど、今はそっちじゃねーよってことだな、と。

今はピンピンしています。右と左の感覚の違いが明確なので、その違いを味わっております。

どこか違和感がある時、心身に痛みを感じる時、もしも少しの余裕があれば痛みに寄り添ってみてください。痛みは自分を『観る』チャンスです。

関連記事

PAGE TOP