ブログ

根性は正しく使う

ど根性ガエルってありましたよね、懐かしい。

ヨガに足を踏み入れた直後は、『根性』なんて言葉には無縁の世界に来たんだなぁなんて思ってました。

ところがどっこい!(ダサい笑)ヨガには根性が必要でした!

根性。根っこ。土台。考え方。

それは人に見せつけるような、おっぴろげーなゴリゴリ感ではなくってですね、

自分の内側に根ざし、ふつふつと湧き上がるような闘志のようなもの。

例えば人を拳で殴る行為。喧嘩でやみくもにぶつけることと、ボクサーが高みを目指し拳を交わすことと、グーでパンチする行為は同じでも全く別物だということは誰もが分かりますよね。

瞑想に至る8ステップの内、土台となる心構えを説いた禁戒(しない方がいいこと)の中に【ブラフマチャリヤ】があります。『禁欲』と訳されます。性欲だけではなく、あらゆる欲をコントロールしなさい、という教えです。食欲、睡眠欲、物欲はもちろん、何かを成し遂げたいという思いも欲=エネルギー。

物事を初めて学習していくスタート地点の原動力となる欲、根性。意識とも言えるかな。

初めは力任せに、勢いや見よう見まねでヨガのポーズをとることが多いですね。上手くポーズとりたい!と、まだ身体がReadyじゃないのに欲が暴走している状態。急がず、根性を正しく使って、インストラクターの言葉を丁寧に一つ一つ腹に落として実践してみてください(^^)徐々に使うべき身体の場所を知り、力をコントロールしていくことができるようになります。

意識しないとできなかったことが、練習によって徐々に無意識にできるようになっていきます♪マットの上での練習は人生における経験と同意語。経験は量だけではなく、質も大事ですよね!質を決定する考え方、意識、すなわち根性を正しく使っていきましょう♪

 

関連記事

PAGE TOP