ブログ

ヨガビギナープチ講座①スカアーサナ

初めての場所

初めてのヨガ

初めてのことって緊張しますよね。

『ヨガ、始めてみたいな~』そう思っただけでも50%以上はもう実行しているのとおんなじだと思います☆

大人になると生活範囲や行動は限定しがちです。人間は安心出来る場所が大好き。だから、何かやってみたいと感じても、脳がそれをSTOPさせようとする。そして、色んな理由をつけて諦める。新しいことを始めて、居心地のいい場所から1歩踏み出す。若々しさを保つのにもとってもいい事です*ˊᵕˋ*

とは言え!不安なビギナーさんに向けて、ちょっとしたヨガの基本の『き』、知っておくともっとヨガのクラスを楽しく受けられる、そんなプチ講座シリーズを時々綴っていきたいと思います(^^)

本日はその第1回目☆

『だいたいここからはじまるよ!スカアーサナ』

⚫スカアーサナ(安楽坐)

あぐらにも色んな種類があるけど、この座り方が一番多いかな。

数分間そのままの姿勢でじっとしていられる心地良さがあるかどうか。これを基準にして足を組みましょう。※脚の組み方はまた後日解説します。

今日は背骨に注目。理想的な背骨は自然なS字カーブを描きます。決して竹のように真っ直ぐではありません。

 

多い姿勢その1.骨盤が後ろに倒れている

いわゆる猫背。これでずっと座ってると腰痛めます。無理やり背筋を伸ばそうとすると全身が緊張しちゃいます。

改善策☆

 

 

お尻の位置を少し高くしましょう。写真はブランケットを挟んでますが、もっと高くてもOK。骨盤も立ちやすく、膝も落ちやすくなります☆

多い姿勢その2.背中を緊張させている。

一見いい姿勢に見えますが、お腹が使えていないのでこれも腰や背中が痛くなっちゃいます。顎が上がってしまうので首の背面も痛めやすいです。骨盤が少し前に倒れているのが分かりますよね。

☆改善策☆

お腹に手を当てておへそと肋骨を背骨の方へ引き込みましょう。お腹の奥に安定感を感じられ、背中がフッと軽くなります。

 

私のイメージは頭が風船・背骨は風船のヒモ、・骨盤がそのヒモの先っぽに結ばれた重い石

石はどっしりと地面に置かれていて、風船がふわ~っと空に登っていく。

普段椅子に座っている時にもこの感覚が大切。腰が痛くなりやすい方は是非参考にしてみてください。

ちなみに数あるヨガのポーズですが、実は全てこのスカアーサナでじっとしていられる肉体と精神を養うための準備ポーズなのです( Ꙭ )

あーんなポーズやこーんなポーズ(想像にお任せしますw)が、ただ座ってるだけの為だなんて!驚きですよね☆

でも、マットの上でレッスンを受けるのなんてせいぜい1時間ちょっと。1/24の時間がいくら良い姿勢だったとしても23/24の時間が背中を丸めていたり、緊張していたりしたら台無しですね。練習によって、だんだんと体に負担の少ない正しい姿勢でいられる時間が増えてくる。はっ!と気づくことが多くなる。1/24→2/24→3/24・・・やがてはその姿勢が当たり前となる。

あぐらで座った時に自分がどう感じるか、どこかに無理が生じていないか、今の御自身のコンディションをじっと観察するのにスカアーサナはとっても適しています。

『スッカ』サンスクリット語で「快適な」という意味があります。

姿勢は、気持ちも同じような状態へと導きます。背中を丸めて胸を閉じている人は、自信を失い、内にこもりやすく。背中を緊張させて無理に胸を張っている人は、いつもフェイクな元気や強さを自分に課してしまっていたり。

 

自然体な私でいたいです。快適で安定した姿勢になりましょうね♪

関連記事

PAGE TOP