ブログ

秋のダルさの正体

愛知県幸田町の小さなヨガスタジオ

酒屋さんの2階、飲み屋さんの隣で

ひっそり隠れ家のような場所。

yoga&workout studio Yogaful

朝晩が冷え込みますが、みなさん体調は崩されていませんか?また11月に入ると暖かい日が戻ってくるなんて天気予報を今朝テレビで言ってました。

秋は春と同様、もしくはそれ以上に体調不良を起こしやすい季節です。ダルさや、体の痛み、肌荒れ、風邪、秋太りなんかもあります。

日本の夏は8月に暑さのピークを迎え、9月から徐々に気温が下がっていきます。今年はだいぶ暑い日が長引きましたけどね(^^;

身体の恒常性、いわゆるホメオスタシスは自律神経によって働いています。そして温度調整に一番自律神経はエネルギーを使うと言われています。だから季節の変わり目って体調を崩しやすいのですね。

そして、【寒い→暑い】に順応するのは比較的得意なのが私達の身体。逆に【暑い→寒い】の方向へはかなり頑張ってホメオスタシスが働いていてくれるのです。

お風呂に入った時を思い浮かべてみてください。私なんかは長風呂は大の苦手なのですが。。。温まるのは早いけど、のぼせてしまった身体を冷ますのって結構時間かかります。

それだけ秋は自律神経が温度調整に大忙しなのです!その為、他の働き、内臓の働きや、ホルモンの分泌がスローダウンしています。ストレスに対するホルモンが減るとイライラや落ち込みがいつもより強くなっちゃう。排泄力が弱まると体が重だるくなる。

さらにーっ!!食欲の秋っていうフレーズに弱いそこのアナタ!(笑)疲労を感じているから食べたいと思ってしまうんですよね。そんなに動いた?

食べ過ぎはやっぱり体への負担になる。更に思考も低下する。お仕事のパフォーマンスが下がらないように食べ方もコントロールしたいですね。確かに美味しいものが多い季節です。美味しいものも食べて、心身も元気になるような食べ方がベストですね♪

なんかやる気出ない→動かない→でも疲れるから糖分欲しくなる→食べる→余計体が重くなってやる気出ない・・・といったループになります(;_;)

秋のダルさの正体は、気温の変化による自律神経の乱れ。それに伴う身体機能の低下がもたらす運動不足!

ヨガの深い呼吸は自律神経の調整に大役立ち☆さらに、筋肉のポンプ作用で、疲れをもたらす老廃物の停滞を防いでくれます。疲労が取れて本来の健やかさを取り戻すことで、過剰な食欲を抑える効果もあります。

なんとなく疲れた、そんな時はゴロゴロポリポリするよりも、一度姿勢を正して呼吸をしたり、ヨガのポーズをとってみたりしてみてくださいね(^-^)

スッキリとした気持ちで秋の行楽を楽しんでください♪

関連記事

PAGE TOP